Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

マレーの週末水産 {マレーシアからの白エビ、ブラックタイガーの養殖レポート}

SPONSORED LINKS

マレーの週末水産

マレーシアからの白エビ、ブラックタイガーなどのエビ養殖の実験の様子を主に書いています。
<< 13日目の状態 | main | Red Snapper 稚魚生産の実験準備 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
27日目の状態

4月25日の昼過ぎにエビ池を訪問しました。白エビは平均して1インチの大きさになっています。内臓の色も緑色から茶褐色に変わりました。エサも4月16日から1番と2番を混ぜて与え始め、現在は2番目のエサだけを散布しています。
また、エサの食べ具合を調べて、養殖開始から16日目の4月14日以降はエサの量を独自に調整しています。訪問時の4月25日の段階では、1日に与えるエサの量は65キロになっていました。

おかげで、池の色は緑色になっています。ただ、小魚が大量に発生しているのが確認されました。水槽に移して、白エビと同居させてみましたが、今のところは白エビを食べるような行動はしていないようです。これまでの間、溜池から水を補給していませんので、これら小魚の発生はTea Seed CakeやTurbo Plusの処理によって、3週間ほど遅らせることができた、ということになります。

20090425の池の色

さて、これまで水の補給をしていなかったので、水深が3フィートにまで減ってしまいました。さすがにこれでは良くないので、溜池から水を補給するように指示しました。川から溜池へ水を汲み上げる際に、EM活性液を水の1万分の1計算で混ぜます。この溜池の場合は500Lになります。

訪問時のエビ池のpHは朝7時で7.7、午後4時で7.9、DOは朝4時で4.2mg/L、午後2時で4.8mg/L、塩濃度は19ppt、水温は32度でした。さすがにDOが下がってきています。パドルエアレータは現在8基全てを稼動させていますので、今回の水の追加で改善できればと思います。

水温ですが、1日の変動差が1度であれば、pHの変動は大きくないのですが、2度になると、pHの変動が大きくなりました。4月16日のpHは7.7から8.2、水温30度だったのですが、翌日17日は水温32度になり、pHは8.0から8.9までジャンプしています。翌18日も水温32度だったのですが、pHは7.5から8.0に急落して安定しました。このあたりは注意する必要があるかと思います。

次回の訪問は次の土曜週末を予定しています。



| 3番池Vannamei | 07:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:02 | - | - |









http://weekendmalay.jugem.jp/trackback/11