Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

マレーの週末水産 {マレーシアからの白エビ、ブラックタイガーの養殖レポート}

SPONSORED LINKS

マレーの週末水産

マレーシアからの白エビ、ブラックタイガーなどのエビ養殖の実験の様子を主に書いています。
<< 20日目の状態 | main | 5日目の状態 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
78日目の状態

75日目の段階で全量を収穫してしまっていました。収穫時に現場にいなかったので、その時の写真は撮れませんでした。写真は78日目の池の状態です。ヘドロの堆積はそれほど多く見られませんでした。

78日目の池

やはり、当初危惧していた通り、収穫量は1.6トン、16万匹相当しかありませんでした。稚エビの導入数は75万匹でしたので、約8割は死んでいたことになります。
池を見たところ、エビの死骸はほとんど見当たりませんでしたので、死んだのは生育初期の段階だったと思われます。思い当たるのは、稚エビ導入時の池の水が透明すぎていたことですね。水槽での観察では、稚エビは配合飼料を食べておらず、緑藻などを食べていて内臓の色が緑色でしたので、この緑藻の量が少なくて飢餓状態になったのだと思います。

さて、今回の売値ですが、1kg当たり110匹の白エビで、7.5リンギ、日本円で約200円ちょっとでした。市場が縮小していて供給過剰になっているためだそうです。一方でブラックタイガー市場は底打ちして、値上がりを始めているようですね。ただ、社長や役員達は、エビ養殖する気は、もう無いようで、電線を池から外してしまいました。



| 3番池Vannamei | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:40 | - | - |









http://weekendmalay.jugem.jp/trackback/18